ガスの種類には都市とプロパンの二つに分けることができますが、なかでもプロパンを利用している場合、その供給会社毎に料金の違いが発生することも多いです。

もともと都市ガスの方は総括原価方式を採用しており、政府の認可を必要とする形で料金が決定されます。そのため自由に料金を決めることができずに相場が決まっており、その範囲内の料金になっています。料金自体も安さが見られるため、消費者も安心して使用することが可能です。一方ではプロパンガスの場合は、自由料金になっており、政府の規制を受けることがない状態になっています。

もっとも供給する会社が仕入れの価格や人件費などのコストがかかるので、そこから利益を出す上で自由に設定することが可能です。そのため料金も割高になってしまいやすく、一ヵ月の間、毎日のようにお風呂に入り続けたらとんでもない料金が発生したとトラブルが生じることもあります。そのため地域ごとの相場を把握する必要があり、現在の使用量を元に高いか安いかの判断を行うことができる体制を整備することが重要です。

本来はプロパンガスの料金をネット上など公表を行うべきですが、供給会社がそういう公表自体をほとんど行わないケースが多い点もあります。つまり相場より安いか高いかの判断をすることが難しいのが事実です。近年は使用量と料金を入力するだけで、ネット上でも相場を把握することができるようになっています。その調査を行い、現在の自分が使っているプロパンガスが高いと判断すれば、供給会社を変更する使い方が可能です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *