プロパンガスの料金は基本料金と従量料金の2つの料金の合算になります。

日本全国の価格相場は基本料金2000円前後、従量料金が500円前後と、都市ガスと比べる割高な価格になっています。プロパンよりも都市ガスの方が安い理由は、現在は自由化されましたが、以前は電気や水道などのように公共料金として政府の認可が必要だったためで、現在でも参入企業が少ないこともあり従来の料金がそのまま使用されているためです。これに対しプロパンはもともと自由料金で、法律で規制されていないため、企業によって独自の計算方法で料金を設定することができます。

まずプロパンは海外からの輸入品なので産出国から通告される価格で輸入しなければならず、為替レートなどでも左右されるため輸入価格の変動がそのまま影響します。さらに輸入したガスは流通経路を経て契約者に届くため輸送運賃や充填費用などが発生し、それが地域による価格相場の違いを生む要因となります。販売店は、本来このような条件をすべて反映させて料金を決めるのですが、地域によっては新規参入企業が少ないことから独占的になっている場合もあります。

消費者が正しく情報をもっていないことも理由の一つで、ガス料金を公共料金と同じだと思い込み、高いと感じてもプロパンガスの相場を確認せずに同じ会社を利用し続けていることがあります。本来、日常の買い物と同じで相場を知り価格を比較してから購入を決めれば良いのですが、料金を開示している販売店が少ないこともあってなかなか困難です。適正価格でプロパンを購入するためには、まず自分が住んでいる地域の相場を知ることです。次にホームページで表示されている料金を確認したり、問い合わせをして見積もりをとるなどして、何社か比較してから取引を始めることが大切です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *