行政の認可を得る事無く企業側で自由に価格を決定できる点が、プロパンガスの特徴です。

その為地域によって相場に差がありますが凡そ月額2000円の基本料金を設定している販売店が多く、卸売会社が販売しているプロパンガスは1500円と若干安くなります。これは仕入れに掛かるコストを軽減している為で、検針作業やボンベ配送費用が低コストで済めばさらに安い相場を維持している地域も存在します。反対に相場が高く推移している場所が賃貸マンションに導入されているプロパンガスの事例で、設備の設置費用を会社側が負担しているので、それを回収する為に設定しています。

現在の日本国内で使用されているプロパンガスの多くは海外から輸入された物で、これは現地で大量のプロパンガスを産出できる地域が発見された影響に加え、産出地域の経済が安定している事もあり、相場自体も安定する結果に繋がっています。ですが最近では別の国々からも産出が確認されているので、競争相手が増えた影響で徐々に仕入れ価格が落ち着いてきている状況も確認できます。

よって基本料金の相場は1400円付近を維持している時期や地域も存在します。尚最近ではメゾネットタイプのボンベが取り付けられていて、設置者の許可が取れれば入居者が購入先を変更できるので、より安い基本料金で済む事例もあります。加えて使用料に直結する従量金も継続的な見直しが各企業で行われているので、全体的に安く購入できます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *